山形の高級デリヘル店に行ってきた

未分類

まとまったお金が入ったので、個々は高級店に行ったろ!
という事で行ってきましたよ高級店。

山形デリヘルは法外な値段を取るような高級店はありません。
高くても60分二万円以内でお釣りが来ます。
奮発して女の子のレベルも高いと言われているE店で呼んでみる事にしました。

まず驚いたのが、受付電話のレベルの高さです。
高級ホテルに電話したかのような応対でしたね〜。大概デリヘルの受付電話ってのは、周りがガヤついていて、口調も「友達かっ!」という位フレンドリーだったり、そっけない態度だったりしますが、ここは違いましたね。
女の子が部屋に到着する直前にも電話する丁寧さ。これは高級殿だけではなく、普通のデリヘル店にも見習ってほしいサービスですね。
ここまで礼儀が良いと、女の子も期待できそうです。
指名料や何やらで、デリヘル代が3万円になってしまいましたが、その分エロいサービスで返してくれれば良いのです。

今回はデリヘルが高級なだけに、ちょっといいホテルにしてみました。
そのほうが盛り上がるかなと思って・・・。
ホテルに到着するのがギリギリ着になってしまい、ほぼ女の子と同時の時間になってしまいました。
実際に来た女の子ですが、モデルのような体型で、今からエロいことをする想像が出来ないくらいのべっぴんさんでした。
性格が明るかったので、緊張せずいろんなエロトークが弾み、最終的にはトークだけで濡れてきたようです。
カワイイですね〜。
声質も抱きしめたくなるようなキュートな感じで、非のつけようがない女の子でした。

そんな最高の女の子にこれからいやらしい事をする訳ですが、実はこの胸の高鳴りこそが最高だったりします。
ご飯を食べる前のあの興奮感です。
まずはお尻を堪能しようと思い、スラッとした足の付け根部分をむしゃぶりつきました。
それはもう野性的にベロッベロ舐めてやりましたよ。
私も興奮してきて、どうしても入れてくなってきましたが、これやっちゃうと犯罪なので我慢しました。
我慢の限界だったので、口でしてもらう事になったのですが、彼女のカワイイ顔を見ながらだと、すぐに意識が飛んできそうなぐらい気持ち良く、我慢するのがやっとでした。
まだイキたくなかったので、今度はクンニしてあげることにしました。丁寧にクリトリスの周りを愛撫し、皮をめくって丁寧にペロペロ舐めてあげました。
クリトリスを舐めあげる度に、彼女は痙攣しながらカワイイ声で喘いでいます。

あまりの可愛らしさに我慢の限界に達したので、私も素股ですぐにイッてしまいました。
出る瞬間はドクドクと時間が止まったような感覚に陥りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です