OLを呼んでみた 後編

未分類

女の子は激しく興奮し、まだ上半身スーツを着たまま私の固くなったあそこをズボンから引きずり出し、勢い良く口に咥えます。
ねっとりとした唾液をいっぱいにに含んだ口内で、ジュルッ!ジュルッ!といやらしい音を立てながら、膨張した私のあそこを巧みな舌使いで侵食してくるのです。
口内の体温がとても心地よく、興奮して自分の体温が上昇していくのが分かるほどでした。
また、同様に彼女の体温も上昇していくのが見て取れました。

フェラチオが終わると、今度は69をしてお互いに気持ちよくなりました。
女の子の具が丸見えになり、会社で女の子のあそこを見る機会なんて無いので相当興奮しました。
破れたストッキングからいやらしいものが丸見えになっているのです。

途中で気づいて言わせたのですが、私のことを「部長」と呼ばせてみましたが、結構良いもんです。
プレイ中に「部長、ダメです・・・。」とか、「部長、我慢できないよ・・・。」とか
言ってもらうだけで興奮度が倍増します。
言葉責めってのがあるぐらいですから、言葉の力は偉大ですよね。
役職がついているようだったらリアルにその役職で呼ばれて見てください。本当に会社内でエッチなことをしている感覚に陥りますので。

しばらくすると、またお風呂に行きたいと言うので、リクルートスーツを脱がしシャワールームへ行きました。
普通、デリヘルだったら最初と最後に洗いっこするのが定番なんだけど、今回は途中です。
体に泡をいっぱい付けて、刺激されました。
それはベッドの上とはまた違う気持ちよさです。
女の体も泡をいっぱい付けて触ると、つるつるして本当に気持ちが良いのだなと思い知らされました。後ろからお尻の割れ目にチンコを当てて、そのまま動かすとまるで挿入しているかのような気持ち良さになります。
動かすたびに体の力が抜けるのがわかりました。

今度は、女の子の手にボディーソープをいっぱい付けての手コキが始まりました。
それはあまりに気持ちよく、今までに経験したことのないほどの気持ちよさでした。高速でピストン運動させるものですから、たまったものではありません。
そんな私はすぐに射精してしまい、体力も限界に近づいていたため、これでプレイは終了となりました。
気持ちが良すぎて私はしばらくこの場を動けませんでした。

いやー、今回も貴重な経験をしました。
デリヘルのサービスの流れって決まってるのかと思ってましたけど、様々な流れがあるのですね。
気分によって臨機応変に変えていきましょう。
2日に渡ってお送りしてきたOL系のデリヘル、いかがでしたか?私は本当に良い経験をしました。新たな発見もあり、かなり収穫のあった1日だと思います。

山形にはもっとすごいデリヘルがゴロゴロあるらしいので、次回呼ぶときも楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です